島根県テニス協会審判委員会
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
2017ジュニアチャレンジ7月大会 ロービングアンパイア活動報告
ロービングアンパイア活動報告  島根県テニス協会ジュニア委員会
                      ロービングアンパイアチーフ 秋鹿恭子
<大会名>2017ジュニアチャレンジ7月大会 
  平成29年7月1日8:15~18:00
<担当スタッフ>秋鹿・鋳谷・梅津・周藤・砂川・澄川・仲佐・日高・吉岡・大木戸・川合 
事  例
⇒対応
 *アドサイドからゲームを開始する
 *スコアボードが自分で直せない                        
 *スコアボードの表示位置間違え 替え忘れ
 *エンドチェンジの間違え
 *サーバーのサイド間違え
 *隣のコートに入ったボールを取りに行くタイミング
 *ボールが入ってきても『レット』をかけない                 
 *サーブ練習をせずに試合開始                 
 *一方の選手のみ、サーブ練習をして試合開始
 *サーブがネットに触れたあとの対応                  
 *水分補給を怠る
 *『ゲームカウント1-1、ラブオール』とコールする
 *『ダブルフォールト』とコールする
 *ファーストゲーム終了時にベンチに座って休憩
                      ⇒その場で、注意・指導
 *試合開始のコールの仕方    ⇒試合後、指導

所  見
 *コールの声が小さい ハンドシグナルのみでジャッジする選手が多いので、
  ジャッジは大きな声でまずコールすること
 *川合康太・竹下修汰・竹内透哉・寺端俊哉・白野仁選手は大きな声でコールを していて、よかった
 *コートの設営・片付け、レッド・オレンジボールの試合進行にご協力頂きました。
  ありがとうございました。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.