FC2ブログ
島根県テニス協会審判委員会
201810<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201812
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロービングアンパイア活動報告 2016ジュニアチャレンジ11月大会
ロービングアンパイア活動報告
島根県テニス協会ジュニア委員会
ロービングアンパイアチーフ 秋鹿恭子
<大会名>2016ジュニアチャレンジ11月大会 
  平成28年11月26日9:00~15:00
<担当スタッフ>秋鹿・鋳谷・枝木・門脇・坂本・周藤・林・日高・吉岡 
       レッドボール/川合・鹿野・芦山(貴) 
事  例
⇒対応
*スコアボードの替え忘れ
*スコアボードの表示位置間違え                       
*スコアとサーバーのサイド不一致
*エンドチェンジの間違え
*保護者が選手に『ゲームカウントが違う』と指摘する                   
*アドバンテージサーバー、レシーバーのカウントコールが曖昧          
*試合終了後、あいさつせずにスコアボードをなおす
*試合終了のあいさつ、握手をネットを挟んでしない
*ファーストサーブフォールトを毎回返球する                 
*4ゲーム先取がわからない               
                   ⇒その場で、注意・指導

  U10
*カウントの仕方がわからない
*ラインジャッジがあいまい
*1ゲーム終了時にゲームとコールしない
*エンドチェンジのタイミングがわからない
*スコアボードの自分の表示位置がわからない

<所  見>
*コールの声が小さい ハンドシグナルのみでジャッジする選手が多いので、
 ジャッジは大きな声でまずコールすること
*門脇美空渉・俵昌孝・島田縁選手は大きな声でコールができてよかった
*スコアボードを1ゲーム毎に替えていてよかった

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。